どういう人 融資 受けられない

どういう人が融資を受けることが出来ないの?

今回はどういう人が融資を受けることが出来ないのかということについて書いていこうと思います。これを見て自分は融資を受けられるのか、受けられないかを軽く判断することが出来るのではないでしょうか。

融資を受けようと考える時に、多く人が1番気になるのは「自分は審査に通るのか」ということではないでしょうか。 融資を受けるためには、必ず審査が必要になります。そしてこの審査を通らなければ融資を受けることが出来ないのです。 融資が必要な時に審査が通らなくて融資を受けることが出来ないと、ショックが大きいと思いますし、お金が用意できないことに焦りを感じてしまうのではないでしょうか。

また融資を受けられないとなった時は、「どうして自分が融資を断られたのか」と気になってしまう人が多いと思いますが、何が原因で融資を断られたのかを担当者にもし聞いたとしても、教えてもらえることはほとんどありません。 人間でなく機械が判定を出しているので、何が原因がよくわからないというのも1つの理由でもあるようです。

またいくつか断られる原因があるので、それも紹介します。
・絶対に断られてしまう原因
無職の人は、絶対に融資を受けることは出来ません。 働いていない人は、収入がありませんから返済能力がないと判断されるので、融資を受けることが出来ないのです。 また家出状態のような人も融資を受けることは出来ません。 家出をしている事実を隠して審査を受けたとしても、在宅確認をされてしまうので、家出がバレてしまうこと多くあります。 また申し込み内容に嘘がある場合は、融資を受けることは出来ないのです。

・ブラックな人
他社許容件数をオーバーしていたり、他社で延滞中だと融資を受けることは出来ません。 また1ヶ月以内に他社で3件以上の申し込みをしているような人も、融資を受けることは出来ません。 他社に多く申し込みをしていると、お金に困っていると判断されるので、融資が出来ないのです。


他にも、勤務年数が少なかったり、年収が少ないにも関わらず家賃が高かったりすると、断られてしまうことがあるようです。 このようなことで融資を断られてしまうことがあるということを覚えておきましょう。 あなたは上記のことに当てはまるようなことはありましたか?あるという人は、もしかしたら融資を断られてしまうかもしれません。

また出来るだけ融資を断られないためには、どうしたらいいのか気になると思いますので、どうすればいいのかということと、業者で重視されていることがいくつかあるので、紹介していきます。
1つは、他社の利用件数です。どの業者であっても、許容可能な件数を設定しているので、事前に調べて、自分が可能そうなところを選ぶといいでしょう。

2つ目は、返済能力があるのかということです。
当たり前ですが、返済能力がない人にはどこの業者も借入をしてくれません。 逆に収入がしっかりしていて、返済能力があると判断されれば融資は受けることが出来るのです。


また公共料金などの支払いを延滞してしまっていると、お金にだらしないと判断されてしまい、断られてしまうことがあるので、払わなければいけない物は期日を守りしっかり払うようにしましょう。

また勤務年数もしっかりと見られています。 働いたばかりの人や転職したばかりの人は、融資を受けることは出来ません。 勤務年数は3年以上と決められているので、3年以下の人は融資を受けることが出来ない所が多いので、覚えておきましょう。

そして融資を受けるには、しっかり返済することが出来るだけの収入があり安定しているのか、返済日をしっかり守り返済することが出来るのかを重視して見ているのです。収入が安定していて、公共料金などの支払いもしっかりしていれば融資を受けられる可能性が高いと思いますので、そのような点も気を付けるようにした方が良いでしょう。

また融資を受けられないとお金を用意することが出来ないので、焦ってしまうかもしれませんが、ブラックでも融資が出来ると宣伝している所があるかもしれませんが、そのような業者は悪徳業者である可能性が高いので、絶対に手を出さないようにしましょう。 お金に困っているのに、悪徳業者に手を出してしまうと、もっと大変なことになってしまうので、そのようなことにならないためにも、業者選びは慎重にしましょう。

2010年に貸金業法で総量規制が作られたので、しっかりとしたところはブラックの人や、無職の人に融資を受けさせることは、絶対にないと覚えておいた方がいいでしょう。 そのようなことをする所は、危ない所と覚えておくと危険を回避できると思います。

どうでしょうか、どのような人が融資を受けられないのかわかっていただけたでしょうか。 また融資を受けたいのであれば、日ごろの自分の生活の仕方なども、見直し改善することで、少しでも融資が受けられるようになるのではないでしょうか。