事業計画書 融資 決まる 本当か

事業計画書で融資は決まるって本当かどうか

事業計画書で融資が決まるのかについて、実際はどうなのかについて見ていきたいと思います。 これから起業、会社設立をしようと考えている人に、参考になればと思います。

まず、事業計画書とは・・・
事業を開始する時の資金を得るためや事業を継続する指針を明確にするための物を言います。また創業時に書く事業計画書は「創業計画書」と言います。


開業をしようと考えた時に、1番気になり悩んでしまうのが、資金面についてではないでしょうか。それで皆さんが、まとまった資金調達の方法として考えるのが、融資なのです。

創業融資であれば、無担保や無保証人で融資してもらうことが可能であり、女性やシニアの人であれば、金利が優遇される制度もあるようです。

事業計画書を作る目的は何なのかというと、先ほども書きましたが、金融機関から融資を受ける資金調達のためということです。

銀行や日本政策金融公庫から融資を受けるには、事業計画書の提出が求められるのです。 どうして提出しなくてはいけないのかというと、融資先に自分の事業プランや考えを知ってもらい、それらを認めてもらう必要があるからなのです。

事業主や起業主が求めていることは、まとまった資金であり、銀行などの融資元が求めているのは、貸付けで生まれる一定的な利息なのです。

このように事業主や起業主にもメリットがあり、また融資元にもメリットがあるということなのです。そしてあとは、いかにお互いの利益が最大限実現可能なのかということなのです。

ということは、事業計画書というのは、融資元の求めている定期的な利息を支払っていける根拠をアピールしつつ、自分達が求める資金調達を実現させるようなツールにならなければいけないのです。 実現できるためには、相手を納得させなくてはいけませんから、そのために、明確かつ事業実現的で説得力がある事業計画書を作成しなくてはいけないということです。

融資を受けるためには、事業計画書が必ず必要になります。 事業を成功させるための融資を受けられるために、事業を始める前に、事業プランを具体化させ、事業を始めてからの先のことも明確にしていき、新たな問題点や改善点はあるのかなどを知ることで、事前に改善できる所は改善し、今までは目を背けていて見えていなかった事業戦略の糸口にも繋がっていくのです。

では事業計画書を作成する上で、どのようなことを書いておくといいのかなども見ていきましょう。 まずは、計画が具体的になっていて、実現が可能なのかということです。 大切なことは、数値目標を達成するために具体的な行動計画です。また行動計画の中でも特に大切なのが売り上げ計画なのです。 売り上げ計画は作成人によってことなってくるのが当たり前ですよね。 そして目標を達成するためには、売り上げをあげるか、経費を下げるかしかないのです。 ですが、経費削減には限界が来て、売り上げを上げないと目標利益が達成できない状況になってしまいます。

売り上げ目標というのは、必要利益から逆算して算出するのですが、その売り上げを達成するためには、行動計画が明確になっていない事業計画が非常に多くあるようです。 出来るだけ、そのためにどのような行動をしていくのか明確にし、詳しく書くことが大切なのです。

他にも、取り組む課題が明確なのか、強みを踏まえた計画になっているか、行動を実現化するための資源などが確保できているのかなどもしっかり書かれているといいでしょう。

またわかりやすい事業計画書を作成するように心がけましょう。 事業計画書に多いのですが、書いた本人にしかわからない内容になっている物がとても多いようです。 専門用語を使ったり、説明する文章がわかりづらいものなどがあるのです。 書いてあることがどういったことなおかがわからなければ、銀行などの金融機関が投資することが出来ませんので、そうならないためには、事業計画書を提出する前に、専門家などに見てもらうようにすると安心でしょう。 誰でもわかるようなものをかかなければ、融資を受けられる可能性が低くなってしまうかもしれないのです。

出来るだけ誰でも理解できるような分を作成するには、専門用語などは使わず、伝えたいことや伝えなくてはいけないことが適切な長さでかかれているのかなどをしっかり考え、わかりやすい物を作成できるようにしましょう。 文章が長くなってしまうと、勘違いされてしまうこともあるようなので、文章は長くなりすぎないようにして作成しましょう。

他にも、事業計画書に盛り込むといい物も紹介しておきましょう。 それは将来の未来像、経験や経歴、実績、ターゲット、製品や商品のサービス概要、計画を進めていく時の強みや弱み、販売計画、利益計画などです。

事業計画書を作成していない会社も多くあるようですが、融資が必要になる時には必ず必要になる物です。関係ないから事業計画書のことなんて知らなくてもいいと思う人がいるかもしれませんが、いつ必要になるかわかりませんし、知って置いて損はないと思います。 またこれから起業・会社設立しようと考えている人は、是非知ってくといいのではないでしょうか。