母子家庭 融資 受けられるか

母子家庭でも融資を受けられるのか

母子家庭でも融資を受けられるのか

母子家庭でも融資を受けることができるのかについて書いていきたいと思います。 私も母子家庭で育ち、母が大変だったのだろうと感じています。 母子家庭というのは家計面で大変なことがとても多くあり、収入源はお母さんにしかないので、大変なのも当たり前なことだと思います。

そして母子家庭のお母さんの年齢を見てみると、20~30代の割合が多いと言われています。 またシングルマザーは、増えてきているのです。 昔に比べれば、女性が仕事できる機会が多くなってきていますが、男性に比べると年収が少ない人がほとんどだと思います。 満足な収入を得ることが出来ず、毎月やりくりに苦戦している家庭も多いのです。 このような時に、母子家庭であっても融資を受けることが出来るのかということを見ていきたいと思います。 母子家庭はお金を借りづらくなるというようなことを思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはないということを覚えておくといいでしょう。 昔であれば、審査で多少マイナス査定をする業者もあったかもしれませんが、現在ではそのようなことはなくなったと考えてください。 消費者金融が審査をする時に重視するポイントには、母子家庭であること自体は審査には影響しないのです。 母子家庭ないなかというよりも、現在は年収であったり、勤務年数のようなものを重視して見ているので、母子家庭であることを意識する必要はなく、融資に関しては無関係であるということをしっかり理解しておくといいでしょう。

母子家庭でも問題なく、消費者金融を利用することが出来ますが、どこを利用するのかなどをしっかり考えなくてはいけません。 借入や返済が可能な時間などは、土日を含めて、事前に確認しておき、普段の生活の中で無理なく利用できるような業者選びをすることが大切なのです。 子供を育てながら利用するのは大変ではありますが、返済が滞ってしまわないように、注意しなくてはいけません。 そしてこの期日以内にで空いている日を使い返済をすればいいと思いますので、給料日に合わせ、返済計画を立てるようにしましょう。

そしてその消費者金融で女性専用プランがあるかなども確認しておくといいでしょう。 そのことをレディースローンと言いますが、名前の通り女性専用のサービスなので、電話対応なども女性スタッフが対応してくれるのです。 女性スタッフであれば、悩んだ時に気軽に相談できると思うので、利用しやすいのではないでしょうか。

消費者金融なので、完済するまでは金利がかかってしまいます。少額の借入する時は、負担が少なくて済みますが、教育費などであると、大きな額を借入しなくてはいけないこともあるので、そうなると少し大変かもしれません。 大きな金額を借りなくてはいけない時には、公的な母子家庭向けの融資制度もあるので、それを利用するのも考えてみるといいかもしれません。 消費者金融であれば、自由にお金を使うことが出来ますが、公的融資制度だとお金の使い道を限定されてしまうようです。 例えば、私立学校の入学金や就業のための資金などで、厳密な審査が行われるのが一般的なのです。

また消費者金融とは違い、公的融資制度というのは、審査の結果が出るまでに長い時間がかかってしまいます。 公的融資制度は、無利息でお金を借りることができ、母子家庭向けの制度なので、相談窓口に話が通りやすいことや、民間にはないメリットが大きいと言えるでしょう。

大きな金額を借りないといけないけど、消費者金融では対応してくれないということであれば、すぐにお金を借りなくてはいけない状況でなければ、自治体で利用できる制度があるかを確認してみるといいでしょう。

母子家庭の人が受けることが出来る融資制度を少し紹介します。
1つ目は、母子福祉資金貸付金です。

母子家庭のお母さんが、就労や子供の就学などでお金が必要となった時に都道府県などから融資を受けることが出来る制度のことを言います。 この母子福祉資金貸付金の金利は0円と、無金利で融資を受けることが出来るのです。 そして返済期間は3~20年です。 この時に連帯保証人がいないと金利が1.5%になってしまいますので、覚えておくといいでしょう。 連帯保証人がいないと金利が1.5%かかってしまうのですが、銀行や消費者金融に比べてみても、かなり低いのです。

2つ目は、高等職業訓練促進給付金です。
母子家庭のお母さんが看護師や介護福祉士などの経済的に自立するために効果的な資格を取るために必要な資金を支援してくれる制度のことを言います。 対象になる資格は、看護師や介護福祉士、保育士、理学療法士などがあります。 他にも何が対象になっているか、詳しく知りたい場合は、都道府県や市町村に問い合わせてみるといいでしょう。 資格を取ろうと考えていて、資金のことを考えているのであれば、消費者金融ではなく、高等職業訓練促進給付金を利用した方がお得だと思います。


その他にも、福祉医療費助成制度やJRの通勤定期乗車券割引制度などもあります。 金銭面で困っていて、銀行や消費者金融を利用しようと考えるのであれば、それらを利用する前に、自分が住んでいる都道府県にどのような制度があるのかなどを確認してからにしたほうがいいでしょう。

ですが、支援制度には時間がかかってしまうので、今すぐ借りなくてはいけないような場合だと、消費者金融などを利用するしかないのかもしれませんが、時間があるのであれば、こういった制度を利用するといいでしょう。

このように母子家庭の人でも、利用できるものが多くありました。 困っているのであれば、これらを利用してもらうことで、少しは楽になるのではないでしょうか。